1962年、柴田勲氏とアドバイザー契約を結ぶ、「赤手袋の柴田」。

異名「赤手袋の柴田」誕生。
盗塁王を6度、通算盗塁579、通算安打2018、巨人史上最高のリードオフマンで知られる柴田選手は、ヘッドスライディング時の手の怪我防止の目的で走塁時に身につける、陸上選手などが使っていたものを応用したランニンググローブをSSKが提供した。それ以降、出塁すると必ず赤い手袋をつけ、「赤手袋」という異名をとることになった。

当時、バッティング時にグローブをつける選手はいなかったが、柴田のランニンググローブを契機として、バットと素手との摩擦係数を高める(バットのすべりを防止)ためや怪我の防止、防寒などの目的からバッティンググローブの使用がプロ野球で広まった。柴田のランニンググローブが、プロ野球におけるバッティンググローブの先駆けとなった。

1950年、野球ユニフォーム縫製を開始し「SSK」ブランドが始まる。

京都市下京区、運動具屋として産声をあげる。 株式会社エスエスケイは、故佐々木恭三が1946年(昭和21年)11月に京都市下京区で運 ...more

1959年、村山実氏と日本で初のアドバイザリー契約を結ぶ。

日本におけるアドバイザー契約第1号選手、誕生。 ザトペック投法と呼ばれるダイナミックなフォームで活躍した阪神タイガース、村山実氏。 ...more

1962年、柴田勲氏とアドバイザー契約を結ぶ、「赤手袋の柴田」。

異名「赤手袋の柴田」誕生。 盗塁王を6度、通算盗塁579、通算安打2018、巨人史上最高のリードオフマンで知られる柴田選手は、ヘッ ...more

1963年、あすなろ野球大会を開催。

創業期以来の理念、利益の一部をスポーツ振興に。 野球用品の開発と販売の一方で、大阪・兵庫の福祉施設の児童を招待し楽しい1日を過ごし ...more

1975年、実用新案シリーズの開発開始。

画期的な商品を次々と開発。 75年からは「実用新案シリーズ」と名付けた画期的な商品の開発に取組み始めました。その一つにSSK金属バ ...more

1981年、契約選手を集めたアドバイザリー会議を開催。

契約プロ野球選手から商品研究に重要な意見を。 契約アドバイザーが一同に会し、その年に使用した野球用品を評価する「第1回アドバイザー ...more

1978年、ディンプル加工の「G-ONE」グラブを開発。

グラブの技術革新「ディンプル加工」を開発。 この頃、マーケットの大きい「野球」にSSKのイメージのコアをおき、製品開発を進めた研究 ...more

1987年、社名を現在の「株式会社エスエスケイ」に変更。

「SSK」マークを全面的に「ニューSマーク」へ一新。 会社名の変遷 1950年8月 「株式会社佐々木恭商店」 1956年5 ...more

1992年、バルセロナにクラブハウスを開設。

海外ナショナルチームへのサポート。 野球が公式種目となったバルセロナ1992を控え、海外ナショナルチームへのサポートを開始。選手村近くに試 ...more

1994年、コンディショニングセミナースタート。

選手や指導者に向けて様々なトレーニングセミナーを開催。 SSKは用具の販売だけでなくトータルなサポートとして、野球技術上達のための ...more

1997年、野球のスピード化に対応する多本歯スパイク「スーパーナイン」を発売。

野球独特の動きを検証し、生まれた新金具配置。 プレイヤーの足にジャストフィットすること、機能的に働くグリップを手に入れることがパフ ...more

2001年、超軽量・速乾の新しいアンダーウェア 「SCα」を発売。

新発想のベースボールアンダー「SCα」。 プロ野球選手の要望をベースに、これまでにない新発想のベースボールアンダー「SCα」(エス ...more

2002年、グラブ製作の原点「廈門恭成体育用品有限公司」自社工場を設立。

自社工場を設立、独自のデザインや機能性を追求。 2002年3月、中国・福建省廈門市に延床面積2850㎥の自社工場を設立しました。こ ...more

2006年、新たな世界を切り開く新感覚バット「ナイスハンター」を発売。

確かな打球感とヒットゾーンを広げる、二段階の反発構造。 打球部に波型の凹凸を設けその周囲に特殊シートを巻きつけた「バンピーコア」を ...more

2010年、シューズの企画開発工場「エス・スタジオ」を設立。

研究開発機能を兼ね備えた、新工場「エス・スタジオ」を設立。 2010年12月、シューズの企画、生産、研究開発を行うための新工場「エ ...more

2012年、軽量&広角グリップの埋め込み式スパイク「マキシライト」を発売。

およそ15歩で決まる。より速くトップスピードに入る「軽量性」と「グリップ力」を実現。 大幅な軽量化に加えて、広角にグリップ力を発揮 ...more