バットの製造


バット製造へのこだわりと機械化。
数々のプロ野球選手が使用したSSKの木製バットには、繊細で絶妙な感覚を持つトップアスリートに納得するバットを提供するため協力工場の職人の技が数々盛り込まれています。まずは、最適な木材を選別することです。職人の目で数多くの木材から適した木材を選び出す技術は長年携わってきた職人の目が活かされています。
その選ばれた木材を、次は乾燥させます。より質の高いバットを作るにはこの乾燥の工程が大切です。この工程には季節などに応じて乾燥期間を調節する職人の感覚が活かされています。バット内の水分を含む具合によってバットのもろさが決まるためです。

そこで、職人のこだわりぬいた素材を削ることでバットが完成します。この削る作業には、日本で初めて開発された加工機が使われています。このバット加工機の導入で、ほんのわずかな違いにも感覚的に違和感を感じるプロ野球選手の要望に対して応えることができ、職人の技術とバット加工機の融合によって最高のバットが作り出されます。

シューズの製造

「ノウハウ」と「技術」の集約。「株式会社エス・スタジオ」 奈良県北葛城郡に2010年10月に設立されたシューズ製作の自社工場です。これ ...more

バットの製造

バット製造へのこだわりと機械化。 数々のプロ野球選手が使用したSSKの木製バットには、繊細で絶妙な感覚を持つトップアスリートに納得する ...more

グラブの製造

「品質」と「量」の徹底管理。「廈門恭成体育用品有限公司」 「廈門恭成体育用品有限公司」(あもいきょうせいたいいくようひんゆうげんこうし ...more