グラブの製造


「品質」と���量」の徹底管理。「廈門恭成体育用品有限公司」
「廈門恭成体育用品有限公司」(あもいきょうせいたいいくようひんゆうげんこうし)。中国・福建省廈門市に2002年3月に設立されたグラブ製作の自社工場です。この場所を選んだ理由は、年間通じて温暖な気候であることが皮革製品の製造に適しているためです。そして、延床面積2,850㎡の本工場は、年間約20万個のグラブ生産が可能となっています。ここでは、グラブに使う素材の選定やパターン開発、裁断や縫製、最終仕上げといったグラブ製作の全ての工程が一貫して行われており、グラブに対するユーザーの好みに応える為、日々研究開発が行われています。

また、現地駐在の日本の技術者が、従業員にグラブ製作の技術指導などを行うことで、高い品質を維持しながら、安定生産、安定納期を実現しています。SSK野球グラブは、1978年に開発したディンプルグラブに代表されるように、軽快な動きと絶妙の捕球感を追求しています。この確実な捕球と素手感覚はSSK野球グラブの基本コンセプトとして今も継続しています。
こうした「質」と「量」をコントロールすることで、ユーザーのニーズに応える「エスエスケイのグラブを買って良かった、また買いたい」と思っていただけるような高い品質のグラブをこれからも作り続けます。

シューズの製造

「ノウハウ」と「技術」の集約。「株式会社エス・スタジオ」 奈良県北葛城郡に2010年10月に設立されたシューズ製作の自社工場です。これ ...more

バットの製造

バット製造へのこだわりと機械化。 数々のプロ野球選手が使用したSSKの木製バットには、繊細で絶妙な感覚を持つトップアスリートに納得する ...more

グラブの製造

「品質」と「量」の徹底管理。「廈門恭成体育用品有限公司」 「廈門恭成体育用品有限公司」(あもいきょうせいたいいくようひんゆうげんこうし ...more